新型コロナウイルスに対する実証試験結果について

 

お客様各位

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃より格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

「感染ゼロ」をめざすデルフィーノケア社では、2021年6月15日、新型コロナウイルスに関する第三者機関での実証試験結果についてプレスリリースを配信いたしました。

 

背景

 

 2020年初より、世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るっており、残念ながら大勢の人々の尊い命が失われています。日本国内でも2021年3月よりワクチン接種が開始され、明るい兆しが見えてきた昨今ではありますが、未だにマスク着用をはじめとした、個人の危機意識や道徳観に依存せざるを得ない状況が続いております。

「感染ゼロ」をめざす当社の抗ウイルス・抗菌対策製品「delfino(デルフィーノ)」は、個人の危機意識等に依存しない、安心・安全な感染症防御策のひとつとして医療の現場で生まれ、約20年もの間、多くの分野で採用されてきました。当社は、その思想・技術によって、コロナ禍に苦しむ社会に貢献したいと考え、権威ある第三者機関での実証試験を実施し、今般、以下の試験結果が得られました。

 

新型コロナウイルスに対する抗ウイルス性試験の概要

 

試験機関   : 一般財団法人日本繊維製品品質技術センター
評価ウイルス : 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2 NIID分離株:JPN/TY/WK-521
試験サンプル : デルフィーノ加工ガラス板
試験方法   : プラーク測定法
試験条件   : 25℃24時間
試験結果   : 99.99%以上減少(negative controlとの常用対数値差 ≧ 4.1