忘れられかけた病気「結核」と「赤痢」にご用心!

 

 

「結核」「赤痢」とは

 

「結核」「赤痢」と聴いて、どんなことを想像するでしょうか?

 

  • 「不治の病を患った主人公の代表的な病名」
  • 「美人が患いそうな病気」
  • 「昔は死者が出たらしいけど、今は大丈夫」

 

そんなイメージかもしれません。

実際、「結核」「赤痢」は、明治以降に国内に蔓延し、多くの死者を出した感染症。しかし、戦後、環境衛生の大きな改善などによって、患者数は激減しました。このことから、今となっては昔の病気…と思われがちですが、じつは今でも感染する可能性が!

じつは、日本は人口10万人当たりの患者数が16.1人(2015年)と高く、「中蔓延国」に分類されています。先進国の多くは人口10万人当たりの患者数が10人以下の「低蔓延国」に分類されるなか、対策が必要とされる要注意な病気なのです。

2018年の感染報告

 

2018年にも、集団感染が報告されています。

 

「結核」の感染事例

  • 2018年10月24日 東京大田区の総合病院で結核の集団感染が発生。計24人が感染し10人が発病。60代の患者2人が死亡。感染原は、肺結核で入院し死亡した男性。
  • 2018年11月12日 日本医科大学附属病院の患者11人が感染。発病者は現在なし。感染源は肺結核を発病した医師。
  •  

「赤痢」の感染事例

  • 2018年10月15日 山梨県身延町の15施設で食事をした男女98人が発病。現在、全員回復。感染源は、業者が施設に納入した惣菜。
  • 2018年10月23日 東京都目黒区の認可保育所の園児ら21人が感染。20人が発病し園児2人が入院。症状は軽症。感染源は不明。

 

このように、「結核」と「赤痢」は決して昔の病気ではありません。現在でも感染する可能性があることを念頭において、それぞれの病気について、理解を深めていきましょう。

 

「結核」とは

 

 

「結核」の患者数と死亡者数は、『感染症発生動向調査』や『人口動態統計』によると、以下のとおり。

  • 患者数 :24,669人
  • 死亡者数:1,892人

(平成28年度の数値)

現在でも、2000人/年近くの死者を出しているのです。

 

現在でも「結核」に感染するのはなぜか

理由は主に、以下の3つです。

①海外で感染した人が、国内で発症する

結核は、現在も世界の10大死因の一つです。WHOの発表によると、平成28年度の結核患者数は世界で1,040万人。死亡者数は170万人に達したとあります。死亡者数の95%以上は発展途上国に偏っており、インド、インドネシア、中国、フィリピン、パキスタン、ナイジェリア、南アフリカ共和国の7ヵ国で64%を占めています。これらの国に渡航し感染した人が国内で発病し、感染拡大する恐れ可能性があります。

②第二次世界大戦前後に感染した人が、加齢とともに発病する

結核を発病する患者の70%が60歳以上。この層の多くは、第二次世界大戦前後に感染。感染した人の10~15%は1~2年のうちに発症、85~90%は、免疫により菌が休眠状態となり、一生発病しない人もいます。しかし、休眠状態になっても10~15%の人は、免疫力の低下とともに発病すると言われます。

③予防接種(BCG)の効果は10~15年。以降は抗体を持たない状態になる

現在、乳児(生後1歳未満)にはBCGの接種が推奨されています。これにより、感染しても52~74%の確率で発症を防ぐことができます。しかし、その効果が続くのは10~15年!成人後にBCGを再接種しても効果は認められず、抗体がない状態となり感染リスクが高まります。

 

「結核」の症状

感染した場合、下記の症状が表れます。

主症状:長引く咳、痰、微熱

その他:体重減少、食欲減退、寝汗

重症時:倦怠感、息切れ、血の混じった痰、喀血(血を吐くこと)、呼吸困難

 

「結核」の感染経路と予防法

感染経路:患者の咳やくしゃみを吸い込む「飛沫核感染」

予防法 :適度な運動、十分な睡眠、バランスの良い食事、早期発見

 

結核の重症化を防ぐためには早期発見が重要!2週間以上の咳や痰が続く場合は医療機関で受診し、ご自身の重症化、周囲の感染拡大を防ぎましょう!

 

「赤痢」とは

 

 

「赤痢」には、以下の2種類があります。

 

  • 細菌が病原となる「細菌性赤痢」
  • 原虫が病原となる「アメーバ性赤痢」

 

細菌も原虫も目に見えない微生物ですが、細胞形態や大きさ、遺伝子数など違いがあり、主に2種類の「赤痢」が存在します。「赤痢」の患者数と死亡者数は、『感染症発生動向調査』によると、以下のとおり。

 

  • 「細菌性赤痢」の患者数  : 121人
  • 「アメーバ性赤痢」の患者数:1,151人

(平成28年度の数値)

 

死亡者数データは確認できませんでしたが、国立感染研究所の報告によると、1999年4月~2006年12月で「アメーバ性赤痢」に感染した4,129人のうち、27人が死亡とありました。

 

現在でも「赤痢」に感染するのはなぜか

その理由は主に2つ。

①(結核と同様に)発展途上国で蔓延、渡航者が感染し国内で発病する

赤痢の患者数が多い国 は、スーダン、インド、アルゼンチン、メキシコ、イラン、サウジアラビア、中国、バングラデシュ。年間、数十万人の患者数と推定されています。これらの国に渡航し感染した人が国内で発病し、感染が広がるケースがあります。

②「アメーバ性赤痢」の患者数が増えている

米国では男性同性愛者間での「アメーバ性赤痢」の存在が認められていましたが、一方、日本では、赤痢というと「細菌性赤痢」を指していました。しかし、国内で「アメーバ性赤痢」が1980年頃から少しずつ増加。2003年以降は「細菌性赤痢」の報告患者数を超えて、現在では約10倍の患者数となっています。報告数が多いのは、下記のような事例。

  • ・男性同性愛者の感染事例
  • ・発展途上国からの帰国者の感染事例
  • ・知的障害者施設での感染事例

 

また、男女比は「男性:女性=8:1」。男性が圧倒的に多いのが特徴です。

 

「赤痢」の症状

感染した場合、下記の症状が表れます。

「細菌性赤痢」の場合

主症状:全身の倦怠感、悪寒を伴う急激な発熱、水様性の下痢、腹痛、しぶり腹(便意があるのに出ない)、膿粘血便

※近年、重症例はあまり報告されていません

 

「アメーバ性赤痢」の場合

主症状:下痢、粘血便(イチゴゼリー状)、しぶり腹(便意があるのに出ない)、排便時の下腹部痛や不快感

重症時:38~40℃の熱、右のわき腹の痛み、肝臓のはれ、吐き気、嘔吐、体重減少、寝汗、全身の倦怠感、

 

「赤痢」の感染経路と予防法

「細菌性赤痢」の場合

感染経路:保菌者の糞便や、それらに汚染された手指、食品、水、ハエ、器物などを介した「経口感染」

予防法 :手洗い、うがい、患者の多い国で、生もの、生水、氷などを飲食しない

 

「アメーバ性赤痢」の場合

感染経路:感染した人の排泄物や性行為を介しての「経口感染」

予防法 :手洗い、うがい、患者数の多い国で生もの、生水、氷などを飲食しない、性交渉時での注意

 


いずれも、死に至る可能性もある恐ろしい病気ですが、高い免疫力を保持していれば感染しても発病しにくいため、日頃からの規則正しい生活が大切です。
身体の不調を感じたときは、単なる風邪と決めつけず早めの受診を心がけましょう!